レーシックイメージ

レーシック手術の費用と保険について

レーシック手術は自由診療です。
すなはち社会保険適用外診療となり、「値段が高い」というイメージが付きまといがちですが、一般的な手術の場合両目で20万〜60万と病院によってかなり金額に開きがあります。
強度の乱視だったり角膜が薄かったりと一般的な手術では対応できない場合などは手術法や対応機械も変わりますので更に高い金額を提示される場合もあります。
また病院によってはキャンペーン中と称して両目で15万などの価格設定をするところもありますので、一概に「安い・高い」の評価がつけずらいのです。
価格設定で概ね気をつけて見ておくべきポイントは、提示価格が検査代・手術費・定期検診代を含んだトータルの金額であるかどうかをまず確認するということです。
病院によっては手術費用の他に検査代が別途請求されるところもあります。
またトータルの費用が比較的高い病院であっても、アフターケアが他の病院と比べてきちんとしていて安心できるなど、高額にもそれなりの理由がありますから自身の納得のいく金額と診療内容を比較検討することが大切です。
レーシック手術を受けた際に、加入している医療保険・生命保険から手術給付金が支給される場合があります。
但し、全ての医療・生命保険がレーシック手術の支給対象ではないので、あらかじめ問い合わせて確認しておく必要があります。
その場合は加入先に「レーザー角膜屈折矯正手術」とレーシック手術の正式名称を伝えて問い合わせます。
レーシック手術の給付対象であった場合、3万円〜10万円程度の給付金が支給されます。
支給申請手続きを行う際には申請書と共に病院の診断書が必要になりますので、忘れずに病院に請求しておきましょう。
また過去に手術を受けた人で給付を受けていない人でも、期間によっては手術の給付金の対象になり得る場合がありますので、自身の加入している医療・生命保険をもう一度見直してみると良いでしょう。
手術給付金が出ないという場合でも、確定申告で医療費控除を申告すると若干ですが費用の一部が戻る場合があります。
病院で渡された領収書などは失くさないようにきちんと保管しておくことが大切です。
さて費用を捻出するあてができても、現金で大金を持ち歩くのは不安だという人や、一度に支払えない理由のある人などもいるでしょう。
手術が可能な多くの病院では手持ちの口座から直接引き落とすことのできるデビットカードの利用が可能ですし、またほとんどの病院はクレジットカードでの一括・分割払いが可能になっています。
クレジットカードが使えれば、すぐには現金を用意できないけれど今すぐ手術を受けて一刻も早く視力を回復したいという人にも安心です。
またクレジットカードによっては金利ゼロのキャンペーンを行っていたり、あるいは現金で支払った場合に何らかの特典がつくこともありますので、少しでもお得な情報を得たい場合は病院やクレジットカード会社のサイトなどを前もって確認しておくことをおススメします。
また病院によっては2名から適用されるグループ割引や、ネットで申し込む際に適用されるネット割引、あるいは学生割引・家族割引などが用意されています。
そしてこれらの割引に適用できるクーポン券を用意している病院もあります。
病院によってサービス内容や適用時期も様々ですので、日頃から口コミサイトなどを参照して、体験者からのリアルな情報を集めておくと役立つでしょう。

Copyright(C) 2011 目の手術体験談.com All Rights Reserved.