レーシックイメージ

レーシックを受けてから疲れ目が緩和された

デスクワークの仕事をずっとやっています。
朝から晩までずっとパソコンとみらめっこしてカチャカチャやっているのですが、もう目が本当に疲れます。
もちろん1時間おきにちょっと目を休ませたりもできるときはしているんですが、それでも全然疲れがとれません。
もともと目が悪かったのですが、この仕事をはじめてから更に輪をかけて視力がおちてきたように感じます。
それで更にじっとみようと目をこらして目が疲れるという悪循環に陥っているとおもいます。
最近は眼鏡をかけているだけで少し頭痛がするようになり、流石に参っていました。
完全に仕事に支障がでてしまいます。
パソコンにむかって仕事をしているおかげで生活ができているのでこれができなくなってしまっては大変ですからね。
そんなわけでこれ以上悪くならないうちに、とおもい会社の半休をつかって眼科にいってきました。
視力検査では以前に眼科にきたときよりもかなり悪くなっている事がわかりました。
そして更に眼精疲労がかなりあるとのことでした。
眼精疲労の原因は眼鏡の度があわなくなっていることもあるといわれ、改めて眼鏡の処方箋をもらおうとおもったのですが、最近よくきくレーシック手術はどうなのだろう、と眼科医にはってあるポスターをみていたら疑問がわいたので医者に質問してみました。
医者いわくかなりおすすめ、とのことでした。
なんでもかなりの短時間でレーシック手術はすんでしまうそうなのです。
手術時間が麻酔の時間も含めて1時間もかからないらしく、忙しいひとたちが率先してうけにきているそうです。
極端なはなし会社のお昼休みにうけにこれるくらいだよね、と笑っていました。
でも確かに1時間ですむなら非常に魅力的です。
正直眼鏡がしんどいなとおもいはじめていたので医者にレーシック手術の費用などを伺いました。
そうしたらなんと今モニターを募集しているところだから正規料金の半額以下でうけることができるというじゃありませんか。
これには俄然とびつきました。
早速申し込みたいと伝え、手術の日取りをきめました。
有休ならたくさんのこっているので別に休む必要はまったくないけれど使う事にして、会社に申請しました。
会社も社員が使い物にならなくなったら困りますからすんなり申請もとおり、いざレーシック手術当日です。
念のため飲酒などを控えて望みます。
目への麻酔は目薬をさしておこなわれました。
点眼して15分程で麻酔がきいてくるということでした。
手術中医者と目があうことにどぎまぎしましたが、無事に手術は成功しました。
今日一日飲酒と喫煙はひかえるように、といわれ本当に1時間ほどで手術はおわってしまいました。
手術後はあまり目を酷使しないほうがいいということでしたのであまり物をみるとかはしなかったのですが、それでも目がよくなっているのがすごくよくわかりました。
次の日はもちろん仕事だったのですが、まったく支障なく、むしろいつもよりもかなり効率的に仕事をすることができました。
目が疲れる事もなく非常に快適でした。
思い切って手術をうけてみて大正解でした。
仕事場でもレーシック手術をうけてみようかなという人がちらほらでてきたので色々話しておすすめしています。

Copyright(C) 2011 目の手術体験談.com All Rights Reserved.