レーシックイメージ

レーシック手術を受けると老眼になる年齢が早くなるというのは真実か

巷では「レーシック手術を受けると、早く老眼になってしまう」というようなことが実しやかに言われ、広まっています。
老眼とはその名の通り、老化により目の中の水晶体というレンズの役割をする部位の弾性が損なわれ、その影響で近くのものが見えにくくなるという症状が出現する状態のことを指します。
症状を訴え、日常生活に支障が出て老眼鏡で矯正するようになるのは、40代以降の方が多いのが特徴です。
しかし、目の老化現象そのものは、実は20歳頃から始まっているのです。
肌や筋力など、体のあらゆる部位は生まれてからどんどん成長を続け、思春期から20歳頃でピークに達し、その後は徐々に老化が始まりますから、当然ではありますが目も例外ではなく老化の一途を辿るということになります。
しかし、老化現象が始まってもすぐに自覚症状が出現するわけではなく、早い人で40歳前後、遅くとも60歳過ぎには現れるのが特徴です。
この個人差は、それまでの目の水晶体の状態に大きな影響を受けます。
そのため視力が良い人は自覚症状が早くに出現し、視力が悪い、とりわけ近視が強い人は自覚症状が現れにくくなるというわけです。
つまり、「老眼が早くなる」というようなことはあり得ないことで、表現としても決して適切ではないと言っても過言ではないということになってしまいます。
レーシック手術では、角膜にレーザーを照射することで、水晶体ではなく角膜の光の屈折率を変え、近視だった視力を矯正するという仕組みを利用しています。
つまるところ、視力が良くなるわけですから、自覚症状もそれだけ早くに出現すると言えるのです。
そのせいで、レーシック手術を受けると早く老眼になるという誤解が広まるようになってしまったというわけです。
私がレーシック手術を受けようかと考えた時、自分自身の年齢が30代に終わりを告げようとする頃でした。
手術を受けたものの、すぐにまた見えにくくなってしまうのではもったいない気がして、しばらく悩みました。
しかし、色々調べているうちに真実を知るに至り、迷っていた気持ちも払拭されました。
人間は生きています。
体はいくつもの細胞から成り立っていて、最初は目にも見えない細胞だったにも関わらず、約3kgもの大きさにまで母親の胎内で成長し、生まれてからもさらに成長し、成熟すれば50kg以上もの大きさにまで成長するのです。
成長も、広義では老化と言えましょう。
それは悪いことではありません。
太古の昔から人間は不老不死に憧れてきたものの、それは現代の科学技術をもってしても叶わなかったのです。
老いて朽ちることは自然の成り行きです。
だからこそ、近視によって老化という自然現象に気付けないことの方が不自然ではないかと考えます。
視力が回復すれば、本来の人間の機能の老化に気付くことができるのです。
それは、原点回帰とも言えるのではないでしょうか。
そのことがとても大切なことに思えて、結局手術を受けることに決めました。
人間としての自分自身の機能や能力を取り戻すことはとても大切なことだと考えます。
今はまだ老化現象に気付けていませんが、視力が良くなって快適な毎日を噛みしめているところです。

Copyright(C) 2011 目の手術体験談.com All Rights Reserved.